« のへじ常夜燈フェスタ | トップページ | よさこいで勝つためには… »

2008年7月28日 (月)

【vol.2】よさフェス2008

さてやっとこ続きを書きます。
ちょっとずつは書いているんですけどね。


以下4チームは審査対象外

私は審査しましたけど、点数公表を控えます(^^;;;。

◎つがる海峡ちゃか親童北天舞悠

◎舞鼓童

◎新風

◎華彩


あんましインパクトないんですよねぇ。午後のトップ4チームは審査対象外だったわけですけど、昼飯を食った後で眠く、そして午前のジュニアの蒼天飛龍が良すぎたからこそだと思うんです(^^;;;。津軽わらはんど蒼天飛龍で付けた点数よりも低かったです(^^;;;。

まぁ目指している方向性?とでもいいましょうか、違うものを感じるから評価が低くなった…。

ここから再び審査対象チームの登場

◎とわだ.馬花道

私的青森3強のうちの一つです。
映像無にしては語れないのでマニさん撮影のものを見ながらなんですが、馬が駆け上っていく様がそんなんでもなかったんですよねぇ。
昨日の野辺地と同じように回転してなかったし、全く同じ条件なんですけどねぇ~。
キレはあんまし…。
(このときは…、ってことで今は全然アップしていると思いますよ(^^)。)

銀賞受賞後の演舞は審査のときよりも数段気合いが入っていたと思います。
表情が違うもんね(^^)。嬉しさ満開って感じがする。

◎AOMORI花嵐桜組

さすがだわ。
トータルして自分が一番だと思うチーム。
花嵐を悪く言うつもりは無いけど初見の頃ものすごく圧倒されてここが一番すげーというのが埋め込まれた感がある…。だからネームバリューで採点したところも正直ある(^^;;;。なんといっても青森のよさこい界をリードしてきたのは花嵐だと思うからね。

たまには「なんじゃこりゃ…」っていうぐらい悪い出来のものも見てみたい気もするなぁ。
そこから這い上がる花嵐も見てみたい。
でもわざとやってもダメだと思う。だから高いレベルを目指してそれで失敗するのがいいかな。


◎輝羅鈴衆

見ていると勝てるチームというイメージじゃなく個々が楽しくやれればいいというように見える。
その中で成長していく様を楽しむチームなのかなぁと。
これはこれでアリだと思う。
私も職業上、そういう様を見ていくのは楽しいし(^^)。


◎津軽もつけんど蒼天飛龍

審査発表後の代表さんの表情が多くを物語っている気がする…。

私は今でも自分の順位が正しいと思っています。
3位だと発表されたときびっくりしたもんなぁ。
「そうきたかぁ~」って思ったもん。

衣装チェンジも少なく踊りで勝負するところは余計にキレがあるかどうか、揃っているかどうか、などなどが重要視されると思うんですよ。

列がちょっとずれていたり、手のフリなどなどが若干出遅れる方が居たりなどが原因だったのかなぁと感じました。
戸惑いもあっただろうけど、受賞後の演舞は「俺達・私達は3位じゃない…」というような感じを受けた演舞だと感じました。審査演舞よりも良く感じました。

というわけで青い森レポを終了します。

|

« のへじ常夜燈フェスタ | トップページ | よさこいで勝つためには… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【vol.2】よさフェス2008:

« のへじ常夜燈フェスタ | トップページ | よさこいで勝つためには… »